広島県山県郡北広島町の市頭眼科医院 入院・日帰り白内障手術

白内障手術について

  • HOME »
  • 白内障手術について

白内障とは

Cataract目のピント合わせをするレンズの役割をしている水晶体という組織が、混濁した状態です。
初期の症状としては、かすむ、まぶしい、焦点があいにくいといったものが多く、進行すると視力低下につながります。
原因は様々ですが、最も多いのは加齢に伴ったものです。60歳代後半以降の方では、症状の有無に関わらず、なにかしら水晶体の混濁が生じているといわれています。

 

治療方法

初期の加齢性白内障に対しては、病気の進行を抑制する点眼薬を使用します。
しかし、薬物治療は、あくまで病気の進行を遅らせる効果しか期待できず、ある程度進行した白内障に対しては手術療法が唯一の治療法となります。

当院では、開院以来白内障手術を行っています。手術件数は本院、分院を合わせて1万件をこえました。
入院施設を備えていますので、1泊2日の入院での手術が可能です。
日帰りでの手術も可能です。

入院、日帰り ともに手術内容は同じです。

  ≫入院の場合

  ≫日帰りの場合

TEL 0826-72-5721 電話受付時間 8:30 - 17:30

PAGETOP
Copyright © 医療法人 至誠会 市頭眼科医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.